HOMEHOME > よくあるご質問

よくあるご質問

ここでは一般の方から良くある、質問や疑問を抜粋して御紹介いたします。
もしもっと質問や疑問があればいつでもお答えしますので、お気軽にお問合わせ下さい。

普通お家の塗り替え周期はどれ位なの?

普通お家の塗り替え周期はどれ位なの?

普通というよりは今現在の家の造りにあると思います。普通というよりは今現在の家の造りにあると思います。
外壁であればモルタル造かサイディングか…屋根であればトタンなのか瓦なのか。
細かく言えば新築時の塗装工事の仕様にもよってきます。

ですので、普通と言う言葉では片付けづらいのが現状です。一番の目安はチョーキング現象といって、外壁を手でこすって確かめる方法があります。
名前の通りチョークの粉の様な物が手に付着すれば塗料が紛化した証拠です。一度試されてはいかがでしょうか?

とはいってもやっぱり大体の年数が知りたいですよね?以下にある程度絞ってみましたので御参照下さい。

部位 種類 新築からの塗り替年数目安
 屋根 トタン屋根(金属屋根) 約10~15年
セメント瓦 塗らなくても良い場合が多いが、美観の為にであれば15年~20年位。
コロニアル(カラーベスト) 塗らなくても問題はないが、コケが生えやすい為、美観の為に12年~15年位。洗浄だけでも綺麗にはなる。
外壁
 外壁 モルタル外壁(セメント系) 10年~15年に1回は塗りたい所。クラック(ひび)が多いようならなるべく早くに越した事はない。(雨漏り防止の為)
サイディング(窯業系) 10年~15年毎に塗った方が良い。退色が早く熱で反り返る事もあるので、塗装工事ついでに直したい。
金属系(サイディング・角波) サビの発生に依るが、12年~15年程度
木部 柱や破風など 出来る事なら7~10年毎に塗りたい。
一番痛みやすい箇所

以上ですがこれはあくまでも参考です。
造りによって個人差はありますので、一度見積もりなり点検なりしてみてから工事をすることをお勧めします。
その際一番適切な塗料や仕様を組まれる事が望ましいです。

価格が不安だ…相場ってあるの?

価格が不安だ…相場ってあるの?

相場は一応あります。塗料によって材工設計価格というのがあり、発売と同時にメーカー側で仕様を組んでいます。

相場は一応あります。塗料によって材工設計価格というのがあり、発売と同時にメーカー側で仕様を組んでいます。
しかし誰だって値段が安い方が受注に繋がりやすいので、皆安売りと競争を繰り返し現在に至っています。

設計価格は高いように感じますが、実際その仕様で作業してみると、妥当かな?と言う感想です。

相場と言うよりは、どこを、何で、何回塗るか?で変わってくる為一概には言えませんが
基本的な3回塗りなら
外壁であれば下塗り1回~上塗り2回で約2000円/m²~3000円/m²位です。
塗る樹脂によっては4000円を超える事もあります。逆にもっと安い工法もあります。

m²(平米)というのは塗る面積を表します。
例えば外壁の面積が150m²(約30坪)であれば150m²×3000円で45万となります。

これは足場の料金は含まれません。足場を架けなければやれない場合もあるし、逆に要らない場合もあります。勿論足場があった方が作業効率は良いです。

もっと簡単な計算方法はないのか?というと以下↓

あくまで当店で施工した過去の物件を坪単価で割った場合、痛み具合にもよりますが
平均で大体坪単価18000円~20000円位になっています。これは面積ではなく延べ床坪計算です。
50坪の家ならば50坪×20000円で100万円と言う計算です。
これは外壁だけではなく外装(屋根・外壁・軒天・破風等)を全て塗った場合の料金です。
足場代は含まれていません。
勿論実際に見積もりを出す時は、部分別で面積を割り出し提出しています。

建築工事(塗装工事)はスーパーや量販店のように製品の陳列をしている訳ではありません。
職人が手作業で製品化していく仕事なので、金額よりも職人一人一人の気持ちや情熱が形になっていく方が大事だと思っています。

って言ってもやっぱり値段も大事なんで、アドバイスとしましては…

  1. 痛みが少ない内に
  2. 安くても良い塗料を使う提案力
  3. 相見積もりを取る(2~3社に見積もりを取る)
  4. 自社施工の会社に頼む
    最終的には施主様の業者さんに対する信頼が重要と思いますので、じっくり話し合って
    満足のいく業者さんを選びましょう。

 

雨漏りしているんですが

雨漏りしているんですが…

速やかに御連絡下さい。一応当店では急な雨漏りにも即対応できるように心がけています。

速やかに御連絡下さい。一応当店では急な雨漏りにも即対応できるように心がけています。
対応としましてはまずは点検し、どこから雨漏りしているか確認します。

雨漏りと言うのは必ずしも屋根からではなく、外壁や窓の隙間などちょっとした所から漏れることがあります。

降雨の場合その日の内に対処するのは厳しい事もありますが、今の所「雨漏りしてます」
という問合せの方全てを無事補修完了しております。

天井からの漏水の場合は必ず屋根裏に入る事になりますので、点検口、あるいは押入れから進入する事になります。御了承下さい。

RC造(コンクリート造)の建物ですと、屋上防水面、外壁のクラック、窓周りのシーリングが主な原因となっています。
当店では塗装、防水共に日々研究し適切な処置を施せる努力をしています。安心して御連絡下さい。

遠方の方の雨漏り時のアドバイスとしましては、雨漏りに対応できる業者さんは、

  1. 防水業者
  2. 板金屋さん
  3. 大工さん
  4. 塗装屋さん

等です。タウンページなりで調べ業者さんを呼んで対処してもらいましょう。すぐ来れる業者さんが望ましいです。

放っておくと家財道具が汚れるだけではなく、強度を保っている構造の部位にも悪影響を及ぼしますので注意してください。

 

工事前に近所の挨拶など行ったほうが良いですか?

工事前に近所の挨拶など行ったほうが良いですか?

一番良いのは業者さんと一緒に行く事です。

行った方が良いか行かなくて良いか、で言えば行った方が良いです。
ただし現在は業者側で代行して行ってくれるケースが多いので、確認したほうが良いと思います。一番良いのは業者さんと一緒に行く事です。
挨拶に伺ったお宅に突然知らない人が来るよりは、同行して行く事でご近所さんには警戒が無くて済みます。

ですが現状で業者さんが行く事が圧倒的に多い為、無理にとは言いません。
時間に余裕がある限りは行ってみてください。
その際の粗品等はこちらでご用意しますので、施主様が改めて菓子折りなど用意する必要はないと思います。

なんにせよ工事中は少なからず近隣に迷惑が掛かる為、トラブル無しで完了できる様最善の努力をしたいものです。
いくら工事が良くても近隣とのトラブルがあってしまっては満足の行く工事は出来ないでしょうから…。

基本的にお茶菓子などはご遠慮しています。

工事中の一服時間(休憩)の対処は?

工事中の一服時間(休憩)の対処は?

基本的にお茶菓子などはご遠慮しています。
塗装工事の場合使用している塗料にもよりますが、ポットライフといって可使時間があります。可使時間とは塗料を精製して使い切るまでの時間となります。可使時間を過ぎると使いづらくなったり、また固まって使えなくなる事があります。

その為職人の都合で一服する事が多いので決まった時間に一服できるとは限りません。

それでも施主様が御用意してくれるケースも多いので、頂いたりしています。
たしかに休憩中を通して会話のコミュニケーションが出来たりするのも事実なのですし、会話を楽しむ方も少なくない為それも大事かな?とも思っています。

けれども出かける予定があったり、時間が取れない場合は無くても結構です。無理に出す必要はないと思います。
無くとも良い業者さんは良い仕事をしてくれると思いますよ。

私事ですが、昔はよく新築工事の建前の手伝いに行ったものですが、工事中は施主様がせかせかと職人全員分のお茶菓子を御用意するのを良く見掛けました。
現在は建前に関連業者が手伝いに行く事も少なくなり、お茶菓子を出すのも無くなりつつあるようです。
私の感想ですが、たしかにあれだけの人数を毎日お茶出ししていたら自分の時間なんてなくなりそうです。施主様からすれば大変な作業だと思います。

工事後のアフターケアが心配です。

工事後のアフターケアが心配です。

契約前の段階でアフターケアのお話は必ずされたほうが良いでしょう。

はい、確かに心配な部分ですね。
契約前だけ調子良くてアフターケアはさっぱり、という話は結構ありますから。契約前の段階でアフターケアのお話は必ずされたほうが良いでしょう。

対策としては、最初に施主様と業者さんの信頼関係が重要です。
いざ工事に取り掛かった際に工事中の写真などを撮って貰うと良いでしょう。または施主様が撮って頂いても構いません。

完工後に各所撮った写真を提出して貰うことで、工事の品質がおのずと見えてきます。
なぜなら写真を撮ることで職人さんに責任感と緊張感が芽生えます。同時に業者さんに自信が付いてくるでしょう。

自信を持って完了させた物件が後に何かしらの不具合が出た場合、プライドの高い職人さんならば放っておくこと自体プライドに傷がつくと言うものです。

もう一つは会社の存在が確かなものかどうか。
ブローカーの様な人はともかく、専門業者として活動している人ならば、自分の会社に傷がつかぬようしっかり施工するはずです。特に自分の会社に自信を持っている人は安心かもしれません。


満足のいく工事が出来れば施主様にお客さんを紹介して貰う事だってあるのです。そういった仕事もアフターケアもしっかり行える業者さんは紹介客も多いのです。

塗装のお勧めってあるの?

塗装のお勧めってあるの?

勿論あります。

勿論あります。ですが既存の状態を確認した後でないと、何の塗料が最適なのか
がわからないので、やはり現場調査は必要だと思います。

現在は多種多様な塗料が存在している為、プロである私達も全てを認識しているわけではありません。
それでも施主様に合った塗料を選択できるよう日々勉強しております。

ただ綺麗にしたいのか?機能性に富んだ物が良いのか?または一番グレードが良い物をお選びになるか?

当店はたくさんある中から抜粋して絞り、塗料や仕様別に見積もりを出しています。大体2~3通りがベストでしょう。それ以上になると選ぶに選べなくなってしまいがちですから…。

まずは状態を見て「これならコストパフォーマンス的にも耐久性的にも問題ないな」という物を選んでいきましょう!高いものが全てという訳ではありませんから…。これ以上に詳しく知りたい方はこちらから

子供がいるのですが、臭いや汚染はありますか?

子供がいるのですが、臭いや汚染はありますか?

塗料にもよりますが、臭いは有るか無いかで言ったらあります。

塗料にもよりますが、臭いは有るか無いかで言ったらあります。
ただし水性か溶剤性かで臭いが違います。もちろん溶剤性、つまりシンナーで薄める油性タイプの方が臭いです。水性は塗料種類にもよりますが、殆ど嫌な臭いはしません。

溶剤性は臭いはあるものの、環境問題の考えから低臭タイプが増えてきました。勿論人体に影響を及ぼすホルムアルデヒドやクロム等が取り除かれた上、弱溶剤という名の通り溶剤分が少なくなり環境にも配慮されています。

外壁を塗り替える場合は少なからず匂いがある為、どうしても気になるならばほぼ無臭の水性塗料を使うか最悪塗装を控えるしかありません。ですが、無害・無臭・環境対応型の塗料はたくさんあるので安心だと思います。

外壁を塗る場合は窓や開口部等を養生といってビニールで覆います。ですので換気が不十分になりやすく、臭いがこもる可能性もあります。塗装前に納得のいく打ち合わせをしてから塗り替え工事に望みたいですね。

ちなみに耐久性を考えると、水性より溶剤性の方が優れています。ですが最近は水性塗料も溶剤性に匹敵する耐候性を持ってきました。環境にも対応し、耐候性も十分、臭いも無い、そんな塗料が早く出来ると良いですね。