気付かず進行する雨漏り

こちらは木造住宅で外壁は窯業系サイディング。
築18年だったので全体的なメンテナンスとして塗り替えをご提案いたしました。
現調の時点で気になる点があり、写真のような凍害箇所が見受けられました。
外壁がボロボロになる原因としては複数あり、
内部結露、漏水、積雪による吸い込み等ありますが、必ず水が絡んでおります。
窯業系サイディングは簡単に説明すると段ボールのような繊維をセメントでプレス圧縮して
固めたもので、それに水が含み、冬期間中に凍ってしまうと爆裂してしまうのが凍害です。
含んだ水分は乾燥するために外に蒸発して逃げようとしますが、
塗膜があると逃げ場を失い、表面の塗膜を内側から押し出してしまいボロボロになります。
写真のような凍害が一部に見受けられました。
そのまま塗装してもまた、1年で剥がれてしまいますので、放っておけない部分です。
建物の経常的に水が入る部分は屋根と外壁の取り合い部分と考えられますので
一部、外壁を撤去してみました。
ありゃりゃりゃりゃ!!予想をはるかに上回る被害が!!!
完全に腐っております。

施主様に確認したら、部屋の中に漏水してきたことは一度もないとのこと。
施主様もびっくりしていました。
この痛みだと、新築時からずっと漏水しているようです。
誰にも気づかれずに雨漏りは進行していたのです。
ということで、壊します!!
ポジティブに考え、このタイミングで見つかってよかった!!だって、直せるのですから!
下地を作り直して
断熱材を入れ直し
先に内部を復旧!外部はキッチリ防水シートを張り、複雑箇所には増し張りを行い絶対に再発しないように
修繕します。私は雨漏りのプロですので、絶対に再発させません。
似たデザインの外壁を新しく張り、外部も復旧。
他の部分から進めている塗装に明け渡し、そこからはいつも通りの塗装仕上げ。
シーリングを打ち替えし、エアコンのダクト等、外せるものは外します。
あとはひたすら塗装です。
屋根3回塗り、外壁3回塗り、ピカピカに仕上げました!

施工前

施工後

施工前

施工後

大きな家でしたが、無事完璧に工事ができました。
安心して生活してください。しかし雨漏りって怖いですよねー。
部屋には漏れないが壁内で雨漏りしているパターンって実は珍しくないんです。
シーリングの破断から漏水しているケースも多いので、セルフチェックしてみてくださいね。
あなたの家は大丈夫ですか?
もし、心配なら当店にご相談ください。
幅広い知識と確かな経験で、必ずお役に立てると思います!!