旅館屋上の防水改修工事 脱気工法

各部に浮きや破れがあったので脆弱の部分を撤去する必要があります。

 

塗膜はゴムシート防水でしたのでカッターで切りながらの撤去になります。

 

旅館の別館屋上です。長い間使われていないような建物でしたが、新たにリニューアルをするらしく当店にて防水工事を施工させて頂くことになりました。
一箇所剥がれると連鎖のごとくべりべり剥がれていき、もはや防水効果は全くない状態でした。
RC躯体にはいくつもクラックがあり漏水している可能性があると見て下の階に降りチェックしてみるとやはり漏水してました。
長い間雨風を防いでくれていたのですが、さすがの防水材も老朽化には勝てないようです。

 

脆弱の部分を撤去していきます。既存塗膜はゴムシート防水でしたのでカッターで切りながら撤去します。

 

撤去後全体を高圧洗浄機で洗います。
洗浄後は躯体コンクリートを乾燥させるため1~2日程乾燥養生を取ります。

 

次にクラックの補修です。クラック(ひび)は一旦Uカット処理後ウレタン系のシーリングで補修します。

 

ウレタンシーリング充填後カチオンセメントと呼ばれる密着力の強いモルタルで段差を補修していきます。

シーリング材は乾燥と共に痩せていくので必ずしなければならない工程です。

 

まずは全体にプライマーを塗布。プライマーは躯体との接着力を上げるための下塗り材です。プライマーを全面に塗った後脱気シートの貼り付けを行います。

 

脱気シートを平場全面に貼り付けた後、ジョイント部(シートの端末部)を専用メッシュと防水材を用いて貼っていきます。
防水用の主剤は2回に分けて塗りつけます。

 

トップコートという仕上げ材を塗っていきます。
これは外壁や屋根と同じく紫外線による劣化を防ぐ重要な役割をしています。防水材よりはずっと塗りやすい塗料です。
この塗料も2回塗りつけます。

 

最後に排水ドレンの金物(蓋)を塗ります。
金属ですので、錆びや藻を綺麗にした後錆び止め塗料で下塗りします。その後黒のタールエポという耐酸性に強い塗料で仕上げます。

 

脱気筒用の蓋を被せて施工完了
蒸気を脱気して、膨れや浮きの防止に繋がります。