新築 RC造 ウレタン塗膜防水工事

施工後

 

コンクリートは中の水分が余上水として上にあがってレイタンスと呼ばれる不純物がコンクリート表面にあらわれます。

 

現在、防水工事には様々な工法がございますが、その中でも比較的手軽にできる工法のひとつ
ウレタン塗膜防水の現場を紹介します。塗装工事と違い、防水工事の多くは5年、10年、20年など、メーカー保証がつきます。
ですから防水層の破断やふくれといった事故を避ける為にもキチンとした施工法を手がけましょう。

 

コンクリートは中の水分が余上水として上にあがってきます。
その際にレイタンスと呼ばれる不純物がコンクリート表面にくっついているので、これを取り除く為、洗浄します。

 

次にプライマーを2回塗ります。1回目はコンクリートに吸い込ませて、2回目で膜を生成します。

 

今回は躯体の水蒸気を外に逃がして事故を防ぐ絶縁工法なので通気緩衝シートを貼ります。強力なボンドを使い突付けでシワが生じないように貼ります。

 

ここで先に脱気筒を取り付けておきます。
これで躯体からの水蒸気を逃がすのです。

 

防水材の一回目を塗り終えたら養生時間を守り、次は立ち上がりの補強布貼りをします。
防水材→補強布→防水材といった様にサンドイッチしながら貼っていきます。この時の材料にはレ止め材を添加してレベリングを防ぎます。

 

トップコートは2液型弾性のウレタン樹脂塗料です。臭いはキツイですが光沢もあり耐久性もあります。これも2回塗りしていきます。