シート防水改修工事

 

 

施工後

 

 

 

加流ゴムシートのトップコートはすでに退色して無くなっている状態です。
部分的に漏水も確認されていました。

 

 

 

 

黒いのが加流ゴムシートです。この下に断熱材が入ってますので、歩くとフワフワとします。

 

今回はインターネットにて問合せ頂き着工となったお客様です。
某自動車学校の屋上改修工事です。
既存は断熱防水で加流ゴムシート防水仕上げでしたが、塩ビシートへと変更し且つ新規として脱気盤を設けました。
当店で断熱防水の改修は初めての試みでしたので、メーカーとの連携で調査や工法の打ち合わせを行いました。
コスト面や施工性から考え少々特殊な工法で施工したので、大変でしたがとても遣り甲斐があった工事でした。

 

 

 

 

まずは立ち上がりの不陸調整の為にカチオンセメントを塗りつけます。立ち上がり部分は膨れや剥がれが多々見られたので、その部分を除去し下地処理へと進めました。

 

 

 

 

 

高圧洗浄
埃、汚れ、チョーキングを綺麗にする為に行います。予め漏水の恐れがある部位は補修しています。

 

 

 

 

緩衝シート(ラジアルシート)を敷くと同時に塩ビシートを貼っていきます。接合部分は液溶着でくっつけてます。ここで重要なのはシートをたわみ無く真直ぐ貼る事です。

 

 

 

 

次に碁盤目に墨を割り振りし、交差部分にプラグビス用の穴を掘り、ディスク&ビス設置。インパクトできっちり締めこみます。

 

 

 

 

室外機などの架台部分はウレタン塗膜防水を施す事にしました。

 

 

 

 

 

補強メッシュを貼ります。これはウレタン塗膜を割れづらくするのと厚みを確保させる為に貼る工程です。

 

 

 

ウレタン塗膜防水を塗りました。R部分(湾曲)や入り隅出隅にシームレスに対応できる防水材です。

 

 

 

 

トップライトの鉄部施工前
錆が目立っていたので塗装します。

 

 

 

 

 

施工後
綺麗にしました。

築10年木造3階建て 山形市 A様邸塗装工事・防水工事


施工後

 

元々とのイメージはさほど変わってませんが、タイル面のクラックはすべて無くなりました。

 

インターネットから問合せを頂き竣工した物件です。
今回は屋根には遮熱塗装、ベランダにはウレタン塗膜防水を施し、さらに1階外壁のタイル面には特殊な施工方法を起用しました。まさにゆうき装業ならではの工法なのではないかと自負しております。
当初問合せでは、築10年ともあり、塗り替えにはまだ余裕があるようにも思えましたが、いざ参上してみるとタイル部分のクラックが酷く、屋根にも錆が目立つ事から、塗り替え提案を致しました。

 

足場仮設後、まずは外壁のボード継ぎ目やサッシの取り合いのシーリングします。
継ぎ目地は打ち替え、サッシ廻りは増し打ちとしました。
サッシ廻りには、サッシ枠のシーリング、サッシ化粧枠のシーリングが存在してました。

 

この様に内側と外側にシーリングが施されてます。
外回りの白い部材はただの化粧材のようです。

 

変性シリコン充填

 

シーリング施工前

 

シーリング施工後

 

エアコンのスリムダクトです。
取り外しの上塗装します。

 

外してみると変性シリコンではなくシリコンシーリングが充填されてたので、そのままでは塗装出来なかったので特殊なプライマーで下塗りします。
銀色の塗料がそれです。

 

こちらもシリコンシーリングが充填されてたのでプライマーを下塗りします。

 

東側のベランダ側面です。
屋根と外壁面に大きな隙間がありました。
どうみても漏水する可能性があったので新規にシーリングを充填します。

 

隙間は内部まで続いてたのでこのままではシーリングの打ち代がありません。
バックアップ材と呼ばれる資材を適当な大きさにカットし挿入します。
これでシーリングを充填する準備が整いました。

 

施工後
これで側面からの雨の進入はなくなりました。

 

シーリング工事が終わると次に高圧洗浄にはいります。
屋根と外壁、塗る箇所は全部水洗いします。

 

雨樋の中にはコケやゴミがたくさんありました。
10年分の汚れです。

 

高圧洗浄で綺麗に落としました。

 

屋根の天窓です。
こちらも側面にシリコンシーリングがあります。

 

シリコンシーリング専用の下塗り材塗布

 

屋根のケレンです。
マジックロンという研磨剤でひたすら全面こすります。

 

屋根の棟木(むなぎ)に釘が出ている箇所

 

釘が出ている箇所はハンマーで増し打ちします。

 

ケレン前

 

ケレン後

 

ケレンをした際に出た埃や粉塵をブロワーという機械で吹き飛ばします。

 

清掃後、まずは錆が発生していた箇所にエポキシ錆止めを下塗りします。

 

その後全面にも下塗りしました。(グレー)
実質錆部分には2回塗りされてる事になります。

 

上塗り中
まずは役物がある場所を先行塗りします。
この場合雪止め金具やアングル、唐草(からくさ)部分です。

 

次に全面に塗装します。
上塗り1回目完了
今回は遮熱塗料で仕上げますので、上塗りは2回塗り行います。遮熱塗料にも各メーカーで様々出てますが、施主様の強い要望だった「思わず舐めたくなるチョコレート色」を探した結果、SK化研のクールタイトSIに定まりました。

 

上塗り2回目施工中

 

上塗り2回目施工後

 

東側ベランダの上部
足場があっても塗るには少々手間取る場所でした。
もうちょっと軒先出せばベランダに雨が入る事も無い様に思えますが、設計の問題なのか又はデザインを優先したのか・・・。
主観ですが屋根があった方が良いように思えました。

 

エポキシ錆止め下塗り後

 

上塗り2回目施工後

 

屋根を優先して仕上げた後外壁の塗装に入ります。
高圧洗浄中ですが、屋根を洗った時に一緒に洗ってあります。

 

タイル面の洗浄中
ここが問題のタイル面です。

 

下地は窯業系サイディングです。
シーリング~洗浄~養生を経由して下塗りを塗ってます。
下塗りは2液型のエポキシシーラーです。
乳白色なのですが塗ってしまうと無色透明になります。

 

外壁と軒天を同時に下塗りしましたので、外壁の上塗りより先に軒天を仕上げてます。
上塗り材はトウペのトア杜という2液性のウレタン塗料を使いました。しかも艶有なのでとても綺麗です。
今回初めて試用した塗料なのですが、水性の割りに溶剤並みの塗りやすさがあるのですが、隠ぺい力が悪く3回塗りになってしまいました。白系だから余計悪かったのでしょう。
ちなみに3回塗ったからといって仕上がりが悪くなるわけではありません。

 

外壁の上塗り1回目
臭いの少ない水性塗料を塗りました。
使用した樹脂はシリコンよりも上のハルスハイブリッドというハイブリットシリコン塗料です。

 

上塗り1回目完了
打ち合わせの時点で数パターンカラーシュミレーションを出してましたが「既存に近い色で」という要望があったので、既存に合わせて発注しました。

 

上塗り2回目施工中
乾燥すると若干濃くなるので、1回目と2回目で色替えはしませんでした。

 

上塗り2回目完了
養生をはがし、窓廻りのチリ際を掃除して完了となります。
養生をはがす前に塗り残しがないか何度も確認します。

 

ここが問題のタイル面です。
なぜこうもあちこちクラックが入ってるのか不思議でした。
図面を拝見してみたところ、下地は何故か3×10板(さんとうばん)。普通ならばラスモルタル下地かラスカットボードへの圧着貼りが主流だと思います。「3×10板だからクラックが入った」と一概には言えませんが、原因の一つだと思ってます。

 

クラックにサンダーでUカットを入れます。
要するにシーリング充填の為のポケットを作っています。

 

このようにクラックにわざと大きな亀裂を入れる事を「Uカット」「Vカット」などと呼びます。
シーリング材の充填量を増やす事が目的です。

 

シーリング用のプライマーを塗布

 

シーリング充填
変性シリコンを充填しました。

 

ここも。
クラック部分は全部同じように処理します。

 

ここも。1階部分の外壁は全部このタイルなのですが、全部で40m程もありました。

 

シーリング乾燥後カチオンセメントを塗りつけます。
極力薄く延ばして段差が出ないようにします。

 

カチオンセメント塗りつけ後

 

カチオンセメント塗りつけ後

 

他のタイル面を汚さないように塗りつけます。

 

カチオンが乾いたら浸透性のプライマーを塗布します。
上塗りの接着力を高めると共に上塗りの吸いこみムラを無くす大事な行程です。

 

上塗り塗装
この上塗り材は既存タイルの淡い部分に調色した色です。
これがベースの色になります。

 

ここからがポイント!
既存タイルには斑な模様がありましたね?
それを無理矢理作ります。
まずはその模様の色を作ります。何度も何度も調整して色を作ります。根気が要る作業です。
エアブラシを使い圧力と濃淡の微調整をします。

 

色が定まったら控え目に控え目に吹付けます。
斑模様は全体のバランスを見ながら吹き過ぎに注意して塗布します。
通常のカップガンでは塗布量が多いので、エアブラシ用のカップガンを使います。
(実はこれ私(社長)の自前です。趣味でエアブラシやってなかったら普通は持ってない代物ですよ)

 

出来上がり。
如何でしょうか?
下から2段目一列が施工した個所です。
ほぼ分からなくなりました。

 

同じく施工後
多く吹くとそれだけ色が濃くついてしまいます。
ボカシの作業は慣れが必要です。
一度濃く付くとベースの色からやり直しになるので慎重に吹付けます。

 

施工後
色、ボカシ共に上手くいったと思います。

 

施工後
塗装と言うよりは誤魔化しに近いかもしれませんが、クラックの再発を抑える、且つバレバレの補修では逆に見るに耐え難いと思います。
一色に塗ってしまえば手間も掛からなかったでしょうけど、施主様はこのタイルの色や模様がとても気に入ってました。
どうしてもその要望に応えたかったのです。

 

青線内が補修個所
離れて見ても殆ど見分けつきません。
エアブラシの特性を理解していないと、この施工は難しいかと思います。

 

しっかり乾燥させてから撥水剤を塗布します。
撥水剤ではなくクリアー塗料でも良かったのですが、エアブラシで吹付けした所はボカシながら塗ってるため層が薄いです。なので弱溶剤のクリアーでは色が溶解する恐れがあったので撥水剤に変更しました。

 

撥水剤塗布中
撥水剤は補修個所だけでなく全体へも塗布します。
そうする事で補修個所との艶ムラも生じない上に、既存タイル面の活性化にも繋がります。

 

補修個所への塗布が終わったら
噴霧器での全体散布を行いました。
ギラギラの艶と言う訳でもなく自然な風合いを出せました。

 

破風板の施工前

 

ケレン・目粗し中

 

エポキシ錆止め下塗り中

 

弱溶剤2液型シリコン塗料で上塗り
上品な艶です。
破風と雨樋も同じ塗料で塗りました。

 

化粧胴差の施工前
ジョイント部のシーリングは打ち替え済みです。

 

目粗し後2液型シリコンで塗装します。
破風板と同じ薄めのグレーです。

 

仕上がり
薄いグレーと言いましたがほぼ白にしか見えません。

 

玄関周りはとても上品な作りになってます。
上品と言うか抽象的と言うか・・・とにかくすごいです。
いかにもギリシャ神話に出てきそうな神殿をイメージしてしまいます。

 

2液型のエポキシプライマーを塗布後2液型のシリコン樹脂塗料で仕上げました。
写真では言い表せない程綺麗です。
ちなみに破風と同じグレーを使ってます。(ほぼ白にしかみえません)

 

アップ部分。近づいて撮るといくらかグレーに見えますよね。

 

ベランダ面の高圧洗浄中
屋根と外壁と同じ日に洗ってます。

 

既存下地はFRP防水でした。
なので表面を目粗した後アセトンと言うシンナーで雑巾拭きします。

 

乾いたら専用のプライマーを下塗りします。

 

下塗りが乾燥したらメッシュを敷き込みながらウレタン塗膜防水材を塗りつけます。
今回はベランダなので密着防水で十分です。
というかベランダに脱気筒あっても邪魔ですよね。

 

ウレタン防水をもう一度塗り、厚みを確保し乾燥後トップコートを塗って完了。
当然メッシュ目なんか出しません。
ついでに物干し台も塗りました。

 

1階部分の下屋根を上塗り中
ここも遮熱塗料で仕上げます。

 

今回新設でスノーストップを取りつけるので、雪止めも新設で取りつけました。
玄関軒先に雪が落ちて困っていたそうです。

 

屋根と同じ塗料で塗る為に亜鉛処理を行います。

 

雪止めも屋根と同じ色で塗った後、新たにスノーストップを取りつけました。

 

全体の工事が完了。
足場解体前の最後の点検を行います。