山形市 SW造アパート 外壁塗装

 こちらのアパートは築26年のSW造の共同住宅になります。

 

 

手で擦るとお手本のようなチョーキング具合です。

 

 

まずはしっかり高圧洗浄

 

 

 

 

 

古いシーリング材は綺麗に撤去してから2成分型の変成シリコンシーリングを

充填します。バッカーは5mm厚の物を使用し、シーリングの厚み10mmを

確保します。

 

 

このボンドブレーカーの代わりにバックアップ材と呼ばれるものが

入っております。

 

3面接着より2面接着の方がシーリング材が破断しにくいとされております。

 

 

屋根はエポキシ樹脂の錆止めを全面に塗りました。

雪の滑走で剥がれないように弊社では、必ず前面に錆止めを

塗ります。

 

 

上塗りです。

この材料は弊社塗料実験により最高の成績を出した

優秀な塗料です。

山形の地域にものすごく適した塗料です。

 

 

外壁は塗料のグレード最高峰の水性フッ素樹脂塗料です!!

 

弊社では、シリコンとほぼ変わらない値段でフッ素を提供できます。

この価格は他店では真似できないところでしょうね。

 

 

スリムダクトの付いてないエアコンのガス管は綺麗に保護テープで

巻き直しです。

 

 

せっかく足場を組んだのだから雨樋も交換。

 

 

玄関の扉も

 

 

照明器具も綺麗に仕上げます。

心を込めて、丁寧に!!!

 

 

穴の開いた外壁も綺麗に補修。

 

 

 

コンクリート露出の鉄骨階段。

 

実は、これコンクリートが劣化して水が浸透するんです。

 

その証拠に ほら。 

階段の裏はこんなに錆びてるんです。

 

 

鉄骨階段をこんなに綺麗に塗装したのですから 

 

 

床の長尺シート張りは必須ですよね。 

 

 

ビフォー

アフター

 

 

ビフォー

アフター

美しく仕上がりました。

 

皆さんもフッ素の仕上がりを体感しませんか?

内部防水

某ハウスメーカーの新築賃貸共同住宅の工事で、

 

水回りの下地耐用年数を上げるということで

 

浴室、脱衣所、トイレの床、壁、天井を防水するという案件を頂き

 

契約の運びとなりました。

 

作業は弊社の1級強化プラスチック及び、1級FRP防水の資格を持つ

永田に任せ作業して頂きました。

 

 

まずはOSB合板のジョイント処理

 

ファイバーテープを貼り補強します。

 

 

プライマーを塗布した後は、全面を鏝で防水材をしごき塗り

 

これでOSBのチップの目を消していきます。

 

 

ビスの穴も変成シリコンで埋めていきます。

 

 

あとは所定の膜の厚みがつくまでひたすら塗り重ねていきます。 

 

細目のマスチックローラーを使いゆず肌で仕上げます。

 

 

そして骨材の入ったトップコートで仕上げ!!

 

 

 

 

床はクッションフロアを貼るので、トップは塗りません。 

 

 

完了です。

 

内部の仕上げがクロスじゃなく塗装でもなく防水というのだから

最初は仕上がり的に大丈夫なのか心配してましたが、

最後まで仕上がりに気を使った防水に監督からもお褒めの言葉をいただきました。

 

意外としっかり綺麗に仕上がっていて

これもアリだなと感じました。

 

職長永田の魂の防水(笑)