築46年 木造住宅外装リフォーム

 

こちらの建物は築46年、一度も外壁を直したことがなかったようで、今にも崩れそうな程痛みがありました。

 

 

 

外壁は、あちこち浮いており、内部的な雨漏りも

ありそうでした。

この建物は、色々な業者が見に来たらしいのですが、建て替えた方がいい、リフォームするには手遅れだ、と言われ更に時間が経ってしまったようです。

確かに相当なダメージはありましたが、多能工な当店では得意な工事でしたので、お客様に合った最適なオススメのプランをご提案させていただきました。

 

 

まず外壁の浮いた部分は解体しました。

 

 

下地が出てくると案の定、腐った木下地が見えてきます。こちらは腐った柱にうまく下地を抱かせ、

痛んだ下地を再度作ります。寸法がうまく取れないので大変でした。

 

 

 

全体の外壁の3/1は解体しました。

透湿防水シートとラスカットボードで、下地を作りました。

玄関ドア交換や、庇の交換も進めます。

 

 

外壁の下地を作っている間に、屋根をカバー工法で張り替えいたしました。

 

 

 

 次にモルタル塗りです。

 

塗り付け中塗りはホウキ目仕上げ

 

 

既存の壁の高さまで綺麗にモルタルを塗ります!

もちろん誘発目地も通します。

 

 

既存のパターンに合わせてリシンを吹き付け、

 

 

次にアロンSTというアクリルゴム防水材で外壁を下塗り、この時点でしっかり厚みを塗ります!

 

 

そして、出ました!断熱塗料ガイナ!

省エネ大賞受賞で、近年イケイケのガイナ です。

 

そしてとうとう46年の時を経て今蘇りました!

なんということでしょう!

 

 

大きく亀裂の入った外壁も蘇りました。

 

 

サビや穴の空いた屋根も美しく!

 

 

庇も結局全て新しく作り直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の写真ですが、なんで新しくした玄関の前にブロック??と思うでしょうが、こっちは昔の玄関で、玄関前の土地が別な方の土地で、前面道路が無くなってしまった為、今現在は使っていないとのこと。勝手口がメインの玄関らしいので、ブロックを積んで、郵便やらお客さんが来ないようにしてもらいたいということで、土嚢袋を綺麗に処分し、ブロックを積みました。

完全に蘇りましたよね!

古い建物でもなんとでもなるもんですよね^_^

お客様も夏の暑さがガイナ を塗ったことによって

どれくらい変わるか楽しみと言っていました!

1ヶ月お世話様でした!