雨漏り調査

こんにちは☺ 加藤です

 

みなさま先日の台風の影響はいかがだったでしょうか!?💦

雨漏りしてきました!や屋根が剥がれてきてるみたいで…

などのお問合せをいただきました。

各地に被害をもたらした台風が去っていったのに…

また、接近中です💦山形はそれほど被害がないとはいっても心構えは必要ですね。

もしもの時、迅速に対応できるよう当店スタッフも身構えております!

 

さて、先日雨漏りがあるので見てほしいとのお問合せをいただき調査いたしました。

確実な水の経路をたどるため今回は赤外線調査で徹底的に調べます!

漏水報告があった箇所の散水前の温度です↓

雨漏り調査

天井が乾いている状態です。

そして、可能性がある部分に散水していきます。

雨漏り調査

こちら現場調査した時に本命だったALC外壁の欠損部への散水です。

雨漏り調査

だんだんと温度分布が見受けられました。

特定の箇所を見つけ雨漏りの再現ができました。

そしてなんと!散水の時間がたつにつれ同じ外壁からで、別の箇所から雨漏りが発見されました。

鉄骨小梁伝ってきたのか、天井を伝ってきたのか、なんとなんと移動距離7mほど!

雨漏りとなると真上の屋根からポタポタと思いがちですが、天井うえでもなく屋根でもない…漏水箇所から離れた外壁からだったんですね。

 

また、2Fの雨漏りも報告があったのでそちらも調査です。

雨漏り調査

本命だった場所からの漏水はなくその隣にあったALC欠損部分に散水してみました。

こちらが水の侵入口になっていたんですね。

そして2F部分の雨漏りでしたが念のため確認してみると

1Fまで水の浸入が確認できてしまいました。

建物内部で起きているので目には見えず、雨水の経路がどこまでなのかを確認するにはやはり赤外線カメラでの調査が確実です。

 

今回の調査ではお客様からのお話には出てこなかった箇所の漏水も事前に確認できたので良かったです。

漏水箇所も特定できましたのでこれで雨漏りを止めることができます。

これから安心していただけるよう工事していきます(*’▽’)!