木製玄関ドアの灰汁洗い

古くなった木製ドアの灰汁洗いです。

まず、クリヤーの保護膜を剥離剤を使って剥がします。

 

ブラシで磨いていくと木の色が出てきました。

 

薬品を塗っては洗い、研磨し、細かい淵も根気よく研磨していきます。

 

どうでしょうか?ここまで綺麗になりました。

周りのドア枠は塗りつぶしで仕上げてありましたので

最後は同系の色で着色し、2液ウレタンクリヤーで仕上げます。

 

ウレタンクリヤーも今は水性が多くなってきて、施工が簡単になってきましたよねー。

 

でも、弊社は強溶剤のウレタンクリヤーを使い続けております。

あの艶、美しさは水性では真似できませんよねー。

扱える職人もだいぶ減ったんじゃないでしょうか??

  

刷毛塗りや、カップガンでのクリヤーも未だに構えてしまいますが、

これからも2液のウレタンクリヤーを使わせていただきます。