ツーバイフォー構造の雨漏り修理

以前雨漏り調査して漏水箇所を特定した物件の
雨漏り修繕工事になります。
建物はツーバイフォー構造で浸入箇所は貫通部のパイプ廻りと
アルミ笠木からの2箇所でした。
築5年で雨漏りです。これ、実は珍しくありません。
工務店側で雨漏りしない建物の仕組みがわかってないと
作業員もわかりませんので、どうせ隠れる部分だと思い、
雨仕舞いの徹底がされぬまま引き渡しになってしまうケースは
数多くあります。さっそく外壁を剥がすと、雨漏り箇所を特定した
部分にシミがありました。
まずは外壁サイディングを剥がし、胴縁、透湿防水シートを剥がし
2次防水からやり直します。当店では再発の無いように
可能性はすべて潰し根本解決を目指します。
1面の防水シートからやり直しです。
笠木下地にはゴムシート、貫通部にはウェザータイト
、胴縁裏には捨てシール、サッシ廻りはブチル転圧、
細かい部分もしっかり雨仕舞いして、サイディングを張る前には
完璧に防水します。
そして散水確認!
サイディング外壁を張る前に雨漏り再発しないように
しっかり散水確認してから、やっと外壁を張ります!
外壁の復旧作業です。
これで新築時から悩まされていた雨漏りとはサヨナラです。
当店では雨漏り調査から雨漏り修繕までを一貫して施工できますので、これで漏れたら全部当店が負担します。ですが、再発は
ありません。再発しないように工事は徹底してますので
その自信があるから保証も出せます!!
他店では難しい雨漏り修繕でも当店では簡単に修繕できます。
雨漏り物件に悩んでいる工務店さんでも当店に連絡頂くことは
多いので、当店に任せてみませんか??
雨漏りは100%改善できますよ!!!