HOMEHOME > 防水の工法と種類 > アクリル塗膜防水

アクリル塗膜防水

  • 既存塩ビシート防水がしわくちゃになってあちこち浮いております。
  • 既存塩ビシート防水がしわくちゃになって
    あちこち浮いております。台風でこうなったと聞きましたが、よほど密着していなかったのか、普通は台風でここまでなるとは思いませんね。
  • 浮き部を撤去していくと・・・
  • 浮き部を撤去していくと…
  • 結局全部剥がれてしまいました
  • 結局全部剥がれてしまいました…。
    機械なしでここまで剥がれるとは、
    正直びっくりです。
  • 下地のシンダーコンクリートの下地調整中
  • 下地のシンダーコンクリートの下地調整中
    クラックやシンダー目地をシーリング処理、
    欠損部はカチオンタイトで不陸調整をします。
  •  	  プライマーを塗り脱気シート貼り付け。
  • プライマーを塗り脱気シート貼り付け。
  • 防水主剤を2回塗りし、トップコートを塗っています。
  • 防水主剤を2回塗りし、トップコートを塗っています。工法的にはウレタン防水となんら変わりありません。
  • 完成
  • 完成。

ここまではウレタン防水と変わりませんが、アクリル防水の最大のメリットは金属屋根にも防水が可能という事。
なので折板屋根やトタン屋根にも防水する事ができます。
その時もシームレスに防水が出来るので、あり程度の予測さえつけば確実に防水が可能となります。