セキスイ A様邸塗替え工事

セキスイハイムの物件の工事例を紹介します。
経年劣化により屋上や外壁が傷んでおりまして、
ハウスメーカーにお願いしたところ、だいぶ高額になってしまったらしく、当店に問い合わせを頂きました。
セキスイの物件は軽量鉄骨造で造りが特殊でありますので
各所の納まりがとても難しい物件です。
当店は多くのセキスイの物件を手掛けた実績がありますので
ご安心いただければと思います。
まずは屋上や外壁を高圧洗浄を行いました。

セキスイの屋上は側溝の塩ビ鋼板が上に浮かび上がって
しまい側溝に水が流れない不具合をよく見かけます。
直し方はセキスイの構造がわかっていれば簡単に直せます。

屋上防水と外壁の下地処理を先行して進めます。
屋上は塩ビシート防水の機械固定工法で施工します。
ペフと呼ばれる緩衝シートを敷き固定ディスクで押さえます。
その後塩ビシートを張っていきます。
塩ビシート防水が出来る業者でも、これ位は出来ますが
防水業者が頭を悩ますポイントは側溝の下地の構造や、
バルコニーの立ち上がり部分や手摺りの
構造がわかってないのでどのように納めたらいいかわからない
業者様も沢山いると思います。
屋上は完了です。次は1階の屋根ですね。ここも納まりが
難しい部分です。深いトコの写真は企業秘密もありますので
割愛します。ヒントは、当店では防水シートを使います。
大きな補修箇所は外壁サイディングを張替えましたが、
細かい補修なんかはエポキシ樹脂モルタルを使用しました。
サッシ周りや目地はガスケットが入ってますので
撤去してシーリング を打ち込みます。
セキスイの塗替えで多いのが、ガスケットを外さないで
そのまま塗装してしまう業者です。
塗装よりも重要な部分ですので、皆さんも覚えておきましょう。わ
外壁の凍害が酷い部分は張替えしました。
似た様なサイディングがなく、探すのが困難ですが
張って塗装すると意外と気にならない程度です。
あとは通常通りの塗装ですね!
ポイントとしてはセキスイは塩ビ鋼板を多く使ってますので
塩ビ鋼板用プライマーは必ず使用します。
下塗りはサイディング専用の下塗り材を全面に塗り
、下塗りが完了したら上塗りに水性フッ素の塗料を2回塗りです。
目地が深いので材料が思ったより使うんですよね。
その他、付帯部分の塗装と、庇のウレタン防水も
キッチリ!
材料は高強度ウレタンで防水してます。
軒天もボロボロになってる箇所は張替えしました。
張替え後は軒天もすべて塗装!

施工前

施工後

施工前

外壁塗装

施工後

どうでしょう?この出来映え!!今時の新しい家の様に
蘇りました!A様からも満足との言葉も頂き大変嬉しく思ってます。配色も最高でした。お客様が満足なら私も満足です。