煙突からの雨漏り

山形のご自宅で雨漏りがあるということでまずは調査をしました。
煙突からの雨漏りが判明し、補修工事を進めていきます。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
煙突を外したら天端の防水がない状態でした。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
通常ですとアスファルトフェルトの上にラス張りをするのですが
なぜかラスの上にアスファルトが張られてありました。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
解体をしてみたところ、コンパネ下地はフカフカしている箇所もなく問題ない状態です。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
トタンをめくり確認したところ、この穴の増し張りが無かったのが雨漏りの原因でした。
煙突廻りの防水シートを確認し補修していきます。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
既存の釘の穴をシールで全箇所埋めていきます。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
両面ブチルを張り透湿防水シートを張ります。
笠木まで防水シートを巻き込み張りました。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
ブチルで転圧したのち、更に捨てシールを打ちます。
吹き込み防止としてエプトシーラーを取付け隙間をシール処理しました。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
捨て笠木完了後、
ラスカットボードを張っていきます。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
煙突を復旧し
ボルトを外した箇所を復旧するとともに捨てシールをしていきます。
ボルト廻りから水が侵入しないようにしていきます。
煙突雨漏り
煙突雨漏り
軽量モルタル10㎜塗り、密着力を向上させるため刷毛引きをしてきます。
その後ポリマーセメント防水用プライマーを塗布していきます。
煙突雨漏り

施工前

煙突雨漏り

施工後

煙突雨漏り

施工前

煙突雨漏り

施工後

ポリマーセメント防水をしたので仮に経年劣化でひび割れがあっても石張りの中まで防水しているので安心です。
下地と石裏に貼り付けモルタルを塗り、圧着張りをし、目地材を充填するために10㎜のパッキンえ目地幅を確保しました。
既存の石のように大きなサイズがなく乱張りができなかったので馬張りをし目地を充填しました。
洗い出し洗浄をし、漏水箇所に再度散水をしてきます。
雨漏りが完全に止まったことを確認することができました。