超速硬化ウレタン防水

RC2階建て 700平米程度の屋上防水を施工します。
こちらの物件は既存に塩ビシート防水が施されており
経年劣化によるシートの破談等から雨漏りがあり
困っておりました。
年度末の予算を使っての工事でしたので、
3月末に完了させなくてはならず、数秒で固まる
超速硬化ウレタン防水を採用しました。
まずは既存シートの撤去です。立ち上がり、平場共に
機械固定工法なのでディスクを抜いていき撤去します。
断熱材は25ミリのモノが使用されておりましたが、
復旧はせず、外断熱は必要ないとの設計でしたので
撤去後、コンクリート下地にウレタン防水を施します。

洗浄を行う前に仮防水をし、漏水しないように進めます。
下地処理が終わり、次に通気シートを張っていきます。
シートのヨレやシワが無いように、且つラップ箇所の
寸法や端部の納まりもしっかりと張っていきます。
通気シートが完了しました。あとは専用の機械で
吹きつけしていくだけです。
写真が見えやすいように、撮影してますが、本当は
飛散防止の為、囲いに入り吹き付けします。
こんな感じです。
ウレタン防水塗膜の膜厚検査も適正以上の数値でした。
トップコートを塗り完了です。

超速硬化ウレタン防水は1日で500平米は余裕で吹けますので
圧倒的に速いですね!

施工前

施工後

超速硬化ウレタン防水のおかげで工期内には余裕で
完了でき、雨漏りもバッチリ止まりました!!

雪降る前に完了しなきゃいけない防水とかでも
重宝されそうですね!超速硬化ウレタン防水は
強度も通常のウレタンよりもありますので、今後
たくさん需要が見込めそうです!