天井のシミ、壁のひびわれ、雨どいの破損でお困りではありませんか?山形県の雨ん防にお任せください!

雨漏り修理・外壁工事の雨ん防-あめんぼう-
0120241699
0120241699
SNSで最新情報配信中!
  • Facebook

雨ん防の塗装工事が強い理由

  1. 自社管理による施工
  2. 重要な下地作りをおしみなく
  3. 複数資格保有者が多数在籍

自社管理による施工

雨ん防では自社で職人を抱えているため直接ご依頼いただくことにより中間マージンが発生しません。
そのため工務店・ハウスメーカー様より安価に施工できるのです。

重要な下地作りをおしみなく

塗装完了後に起こるトラブルの80%は下地作り不足と言われています。
下地作りに力を凍ててこそ上塗り塗装の性能が発揮できます。
塗装専門店だからこそ、その努力を惜しみません。

複数資格保有者が多数在籍

雨ん防では自社で職人を抱えているため直接ご依頼いただくことにより中間マージンが発生しません。
そのため工務店・ハウスメーカー様より安価に施工できるのです。

こんなお悩みはありませんか?

  1. 自社管理による施工
  2. 重要な下地作りをおしみなく
  3. 複数資格保有者が多数在籍

雨ん防塗装工事のご案内

屋根塗装工事

雪国では雪の滑走により塗膜の剥がれ、錆などの劣化があります。
定期的なメンテナンスが必要です。

トタン屋根

軽量で雨漏りしにくいため雪国では多く採用されますが、錆が発生しやすい特徴もあります。
錆が多く発生すれば雨漏りの可能性もでてきてしまいます。劣化を促進させないため、定期的なメンテナンスは必要です。屋根塗装をする際は劣化状況の確認をし、適切な下地処理と上塗りをしていきます。

屋根塗装工事

塩ビ鋼板屋根

塩ビ鋼板は金属の劣化を防ぐため塩ビ素材のシートを表面にカバーし金属の劣化を防ぎます。
劣化が進むと表面が色褪せてきますので屋根塗装は必要です。塩ビ鋼板の屋根塗装する際は下塗り材の選択と、下塗り材と相性の良い上塗りの選定が重要になります。
適切な材料を使用し、適正な工程で施工していきます。

屋根塗装工事

折板屋根

折板屋根は工場や倉庫、体育館などの大型施設で多く使用されています。波状の形状ですので図面で見る面積と施工する面積は違います。折板屋根は山形の断面ですのですので下地処理からすべての工程が手作業です。折板屋根も金属なので錆の発生は免れませんので定期的な塗替えメンテナンスが必要です。

屋根塗装工事

外壁塗装工事

適正な下地処理、適切な材料の選定で
建物を美しく甦らせます。

モルタル外壁

モルタル外壁の場合、まず段差や欠損部を補修します。モルタルを平にぼかすのがポイントとなります。
下地処理を行ったあと下塗りをし、その上から塗装器具を使用し吹付していきます。
補修跡が残らないよう下地処理から丁寧に仕上げていきます。

外壁塗装工事

窯業系サイディング

窯業系サイディングは汚れも付きにくく耐久性が高い壁材ですが、長年すんでいると劣化していきます。
サイディングには漏水防止のため継ぎ目部分にシーリング(コーキング)というものが充填されています。これは数年経つと弾力がなくなり、ヒビや剥離等の劣化症状が出ます。そうすると本来の目的である防水効果がなくなり、内部に水が浸入しカビや雨漏りが発生します。シーリング工事はとても重要な工程になります。

外壁塗装工事

金属サイディング

金属サイディングは耐久性を高めるため、表面にメッキ加工が施されておりますが、常に外壁にさらされているため表面の塗装は必要不可欠になります。錆などの劣化を防ぐためにも塗替えは必要です。金属サイディングの下地処理でケレン作業は重要な工程になります。サンドペーパーやマジックロンという錆取工具で錆を除去していきます。錆の発生部分だけでなく全体を擦ることで塗料との密着性も向上します。

ページTOPへ戻る