隠れてた震災の爪痕

こんにちは、雨ん防店長の結城です。

 

あと1ヶ月ほどで東日本大震災から丸8年が

経とうとしてますね、

街中では震災の爪痕はもう見受けられませんが、

いまだに生活を取り戻してない方は沢山います。

 

そんな中、仙台市の某図書館の天井裏に

震災時のコンクリート欠損が補修されずに隠れていたようで、その補修をしに仙台へ

 

 

 

こちらですね。コンクリートが変形し、欠損している箇所から鉄筋が露出しております。

欠損深さは10センチ程度。

天井裏だったので震災復旧工事で見つけてもらえなかったのでしょう。

東日本大震災後数年は、この様な欠損補修をかなりやってきましたのでお手の物です。

 

 

コンクリートが取れてきそうな箇所を斫り、

清掃したら防錆コンクリートプライマーを塗布します。

 

 

エポキシ樹脂の軽量モルタルで補修し

ひび割れにエポキシ樹脂ボンドを低圧注入します。

 

震災で苦しんだ方がいる分、私は震災のおかげで

沢山の補修方法や技術を学べました。

また大手ゼネコンやエンジニアの方達も

かなりのデータが取れたと思います。

震災のおかげで日本の建物の免震構造だったり耐震構造の技術も大きく進歩しました。

 

私達は震災で亡くなった方、苦しんだ方の気持ちを

背負い、日本の建築をこれからの未来の若者の為にプラスに持って行かなくてはなりません。

今後、あのような地震が起きても死者ゼロを

目指し、安心安全な建築を実現しなければなりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ完了 アスファルト防水

こんにちは、店長の結城です。

 

 

今年は雪のない冬で私らにとっては過ごしやすく

いいですね!私達は冬は住宅の工事はほとんどやりませんが、公共工事や大型物件の工事は冬こそガンガンやってます。私も冬の営業はほとんどないので

現場作業に集中します。

 

 

現在、萩生田職長のもとで某学校の新築工事で

アスファルト防水を施工してます。

屋上を囲うように屋根が掛けられてますが

簡易的なものですので、雨や雪解け水の処理が

相当大変です。

…が!?

ラストスパートってとこですかね、

 

 

 

私も久々に1級アスファルト防水技能士の技を光らせ萩生田職長に

しっかり貢献できたと思います!

そしてまた私も含め職人みんなが成長できた現場だったんじゃないでしょうか。

 

私は毎年この時期は出張で関東に行ってるんですが、今年は山形に居る方が多そうです。

 

冬は大規模工事が続きますのでみんなで力を合わせ

安全に春を迎えましょう!!

 

↓先日の私の誕生日にみんなでお祝いしてもらいました!仲間って最高です!!

 

防水工事

こんにちは☺加藤です

2月に入り暦の上では立春♬今年は雪も少なく、2月というのに道路は乾いていますね~(*’▽’)

日も少し長くなり、春が待ち遠しいです🎶

 

今日は店長も職人として出動しております高校の屋上防水工事の現場です

とはいっても私もよくわかりません…説明は聞いたりするのですが防水にはいろいろな種類があり工事の仕方も全く異なるようです。

これをきに私も少し勉強を

と、調べてみました

〖熱工法とは加熱・溶融したアスファルトで、アスファルトルーフィングシートを積層し防水層を形成する工法です。わかりやすく言うとアスファルトルーフィングやストレッチルーフィングを溶融釜で溶融した防水工事用のアスファルトで貼り重ねながら施工する工法です。〗

とありましたが…わかりやすくは、ない(。-`ω-)…

なかなか職人さんでないと専門用語は難しいですね💦

熱アスファルト防水

こちらは現場の写真です。こちらの釜でアスファルトを220℃~270℃の高温で溶融するようです(;’∀’)。。。220℃~って…未知の世界です

熱アスファルト防水

そして溶融したアスファルトでシートを貼り重ねる作業が行われるようです。

熱アスファルト防水

ルーフィングとアスファルトの組み合わせがあるので密着性の高い防水層できます。

さらに2層以上に重ねることによって強固な防水層を作ることができるのです。

 

まだまだ勉強不足で説明不足ですが…

高温のアスファルトを扱っての作業なので、この寒さの中でも汗だくになる工事だそうです💦職人の皆様お疲れ様です(;´・ω・)

今回は本社の案件工事ですが、一般のお家だけでなくこのような防水工事なども手掛けております♬

 

そして私事ですが…

先日受験しましたエクステリアプランナーの結果が出ました!

エクステリアプランナー

無事合格することができました( ;∀;)

より良い提案ができるようにしていきたいと思います♬

 

 

 

雨ん防のはんこ

こんにちは☺加藤です

 

寒い日が続き、インフルエンザも流行していますがいかがおすごしでしょうか?

体調などくずされていないですかね!?💦

十分お気を付けください。

 

さて、今日は工事とは全く関係のないのですが、ゴムハンコ作りのお話を。

前々からお客様にお送りする封筒には親しみやすい文字を使いたいなと考えていました。

事務的な封筒も使用するのですが親しみやすいものもと思い、ハンコの作成を♬

雨漏り修理外壁工事の雨ん防

全くの初心者…ネットで色々調べとりあえずチャレンジです!

雨漏り修理外壁工事の雨ん防

トレーシングペーパーにロゴを写し

雨漏り修理外壁工事の雨ん防

ゴム版にうつしたらカッターで削っていきます。

が、とても難しい(。-`ω-)…

丸みがなかなか出ずガッタガタ…

最初は封筒に押したいのでもう少し小さいサイズで作りたかったのですが、全く私の手先では細かいところまで削ることができず。。。

作ってみよう(´▽`*)♬なんて軽い気持ちで始めたことに途中後悔しました(笑)

どうにかこうにか掘っていき

全然納得の出来でなくへたっぴですが…まずは、完成です~

黒で押してみたら、なんだかゴツい(;・∀・)

色が悪いんだ!と思ってスタンプの色を変えてみたら…薄っ……

やっぱり封筒に押すにしては、でかいし(。-`ω-)

そしてお気づきでしょうか。

ポッちゃんがおりません。。。スタンプにはピッタリなはずのポッちゃんがいないのです。

チャレンジはしたものの、かわいそうな出来になりそうだったので途中で挫折。

まだまだ練習が必要ですね(;・∀・)

 

得意な方いらっしゃったらぜひ教えてください(笑)♬

うまくいくまでまたチャレンジしていこうと思います♪

 

アスファルト防水

こんにちは、雨ん防店長の結城です。

 

年が明け、休みボケも終わり、いつもの当たり前の日常に慣れてきた頃ではないでしょうか?

 

私は基本的な業務は営業と現場管理が

1番メインで仕事してるんですが、冬は

案件が発生しない為、ゆうき総業本社の

仕事で、ほぼ毎日現場作業をしています。

今週は元気にアスファルト防水をやってます。

 

 

DI-1工法という施工です。

場所は某学校の新築棟で、屋上より先に渡り廊下を施工してから屋上にいきます。

 

断熱材を貼り終えたら

立ち上がりの下張りと平場の通気シートを

張っていきます。

 

 

 

↑立ち上がり下張りと平場通気シート完了。

 

 

なんとか立ち上がりの砂付きシートも全て貼り終わりました。

 

アスファルト防水はかなり昔から変わらない施工で

ザ.職人って感じがします。

施工してるとなんとなく誇らしくなっちゃったりするんですよね。

ヤケドには要注意ですが!

アスファルト防水を施工できる人はかなり

少なくなってきました。アスファルト防水でも

トーチ工法とか冷工法なんかは比較的簡単ですが、

アスファルト防水の熱工法というと、1番大変ですね!難しいし。

アスファルト防水を施工できる職人は高齢化してますから、若い私達が技術を継承していかなければなりませんね!

え?私ですか?もちろん1級アスファルト防水技能士ですよ(笑)

 

貴重なアスファルト防水職人、いっぱい育てられるように頑張ります!!

雪国山形

新年明けましておめでとうございます㊗️

 

 

今年は年号も変わる年!消費税率も変わる年!

働き方も変わる年!建設関係だとフルハーネスという安全帯に変わる年!

 

まさに変化の年!!

 

私の新年一発目の仕事は、去年から施工している

某施設の基礎コンクリート天端レベラー流しの

作業です。

 

去年の暮れにはこのような状態が

 

一変してこう!

 

 

まずは山形県人ならみんなが得意の除雪!

 

 

 

除雪してからレベラー流します。

 

雪があっても仕事がある嬉しさ!!

雪のせいで儲からない悲しさ!!

そんなふたつが入り混じっての新年スタートです!

 

今年も雨ん防をよろしくお願いします!!