ダイワハウス│屋根外壁塗装│山形市│難付着サイディング 

ダイワハウスの建物で、塗替えのご依頼を頂きました。ダイワハウスでの塗替えは非常に高額なことから、当店にお問い合わせいただきました。
築19年ということですので、外壁は難付着サイディングの可能性があり、普通の塗装では密着しにくいということがあります。事前にラッカーシンナーで外壁を擦ってみると塗膜が溶けない事から、この外壁は難付着サイディングの可能性が高いので材料選びは大事なポイントになってきます。(2001年以降に建築されたダイワハウスの外壁は難付着サイディングボードが使われている可能性があります)こんなことから、ダイワハウスの営業マンがよく言う「うちの外壁は特殊なコーティングがされているので普通の塗料が密着しないからウチで施工しないと剥がれますよ」という謳い文句になるのですね。ダイワハウスのオーナー様はそんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか?大丈夫です。当店はその辺も熟知しておりますのでお客様に合ったご提案をしっかりと行えるように日々勉強しております。お客様には「下塗りはシンナー臭のする材料を使用しますので、工事中は臭いが部屋まで入ってくる可能性があります。」とご説明させていただきました。(なんでも事前に注意点をお伝えするのが大事ですね)お客様は別な家もお持ちなようで、工事中はこの建物には住まないと言ってくださいましたので、臭いの問題はクリアできました。
屋根や外壁も経年劣化もあり、だいぶ汚れが目立っておりました。まずは高圧洗浄です。屋根や外壁を150キロの圧力で水洗いします。
洗浄が終われば屋根の塗装です。屋根はガルバリウム鋼板ですので2液型の錆止めを全面に塗ります。真っ赤ですね。
錆止めに上塗り1回でこの艶に。そして2回塗ると

こんな艶に!!

美しいですね…
屋根を塗っている間に外壁のシーリングを進めます。↑は既存シーリングを撤去しているところです。
シーリングは2成分型変成シリコンというシーリングを使用しております。シーリングの上に塗装をしてシーリングの耐候性をアップさせようと思います。
外壁の下塗りは難付着サイディング用の弱溶剤プライマーです。このプライマーであればダイワハウスの外壁もしっかり密着します。
上塗りは水性シリコン樹脂塗料の半艶で仕上げました。
外壁塗装はいつものごとく手塗りで3回塗りです。軒天は防藻、防カビ塗料をお奨めしたおります。(天井裏には湿気がこもりやすく劣化につながるから)
破風もしっかりと下塗りしてからDP塗装という耐候性塗料で仕上げました。
こんな箇所も逃しません。ガス管の塗装で蘇えりますね!バルコニーは塩ビシート防水を施工しました。
こんなとこまで、多能工だからこそできる高品質。

施工前

施工後

施工前

施工後

屋根、破風、雨樋、軒天、バルコニー防水、外壁、水切り、全て塗替えをしました。半艶で落ち着きのある外観ですね。
工期は3週間で屋根はユメロックルーフ、外壁はダイナミックトップです。9月の施工ということで、夜露対策で、なるべく早く屋根を仕上げ
外壁に移りました。細部まで美しく仕上がったと思います。これからもメンテナンスとして美しい建物をしっかりと守ることをお手伝いさせてくださいね。この度は雨ん防を選んでくれてありがとうございました。