雨漏り大規模修繕その2

雨漏り大規模修繕その1の続きになります。
先にそちらを見てから、こちらを読んでください。

いよいよ塗装工事になります。塗装とはいっても実際は外壁防水工事です。
外壁はアクリルゴム防水で信頼度国内ナンバー1のアロン防水です。
東亜合成というメーカーで、あのアロンアルファを作っている会社になります。
アクリルゴム防水のネオ工法といい、10年経っても塗膜の弾力性が変わらない
優秀な塗料です。
モルタル補修した部分にシーラーを塗り、既存の塗膜と似たようなパターンで
肌を合わせます。この材料はアロンSTというアクリルゴムの防水材です。たっぷりと厚みを付けていきます。この状態で雨漏りは完全に止まっております。
実はこの時、毎日不安定な天候が続き、豪雨にもなりましたが、雨漏りした箇所は
1カ所もありませんでした。(当然ですが…)

そして完璧なモルタル補修により、補修痕なんかは一切出ておりません。
ここから全体にアロンSXとアロンSTをたっぷり塗り重ねていきます。
指で触ると外壁表面がゴム状に柔らかい状態になっています。
防水が終わると、仕上げ材の吹付になります。
アロンMS工法と呼ばれる仕様で、吹付材の中に特殊な貝殻チップが入っており
外壁の表情を豊かにしていきます。
これが物凄くきれいでして、施主様も大変気に入ってくださいました。
養生をバラシていきます。
外壁が仕上がった箇所からアルミ笠木の復旧や雨どい取り付け、
窓のフラワーボックスは新設し、アイアン調のものを採用しました。

これがまた外壁にマッチするんですよ!!
白い外壁に黒でハッキリと引き締め、高級な外壁に仕上がりました。
バルコニーはウレタン防水を流し、この部分も防水性を高めます。
因みに私はウレタン防水1級技能士です。
その他付帯工事の、鉄部や霧除け屋根等を仕上げます。

足場解体前検査を行い、細かい是正が終わりましたら、いよいよ足場解体です。

吹き付けムラも無く美しく仕上がりました。
外壁は綺麗すぎてウットリしますね。

工事ついでにガレージに電動シャッターを取り付けました。
勝手口には新しい門扉を
ガレージの照明もLEDの照明に交換しました。

施工前

施工後

施工前

施工後

30年間止まらなかった雨漏りもこの度の工事で完璧に改善され、且つ新築のような
外壁に生まれ変わりました。
これからは雨漏りに悩むことなく、雨の日も心配なく出かけられますね!!
雨漏り調査から修繕完了まで大変お世話になりました。

長編の事例集でしたが、私自身とてもいい経験になりました。
雨漏り修繕にも提案力にも更に自信が付きましたし、これからも雨漏りで困っている方の
助けになっていけるよう精進し続けます。