2階テラスに屋根を架ける

2階中庭テラスを作ったが、冬に雪が積もると排雪が大変だという事で、中庭に屋根を架ける提案を致しました。
屋根を解体し、垂木と野地板で高さを調整します。
壁も梁の位置まで解体し、垂木がうまく梁に掛かりました。
軒先は300ミリ程度壁より突き出します。
野地板を敷いたら更にルーフィングを貼ります。今回は自着式のルーフィングを張りました。タッカーの穴さえも雨漏りの原因になったりしますからねー!
立平葺きで立ち上がりや笠木も新しく葺き直しました。
美しい白ですね!
屋根が掛かった内部は外壁を加工した箇所や扉、サッシの周りにモルタルで補修します。既存の模様に合わせて意匠性塗料を塗りました。
似た模様が出せました!もう少しで完了です。
引き違いの扉を仕上げて完了です!

施工前

施工後

最後の写真のビフォーアフターにお気づきですか?
壁が解体され屋根が壁から突き出てます。
今年の冬は、雪かきに悩まされることは無さそうですね!

それにしても…カッコいい家ですね!!