屋根外壁塗装

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

9月にはいり一気に涼しくなりましたね

体調を崩しやすい季節の変わり目、お体ご自愛ください。

 

今日は屋根外壁塗装についてです

屋根外壁の傷みが気になるとのことで早速現地調査です!

 

アスロックという押出成形版の外壁が張られているご自宅でした。

屋根外壁塗装

その外壁。。。

チョーキング現象と言い表面の塗膜が紫外線劣化により粉化しております。

手で壁を擦ると白くなるのがチョーキング現象で、このようになると外壁の防水性はなくなっており水を吸い込んでしまいます。

 

屋根外壁塗装

また、アスロック外壁は凍害に弱く、外壁が水を吸ってしまうと冬場に凍って体積が膨らみ塗膜を内側から押し出してしまう現象が起きてしまうのです。

外壁の凍害部分は補修し塗替えの御提案です。

 

シーリング劣化

外壁のシーリングも劣化しており破断しております。。。

このような外壁では一番先にシーリングが傷んできます。

打ち替えが必要な部分になります。

 

シーリング劣化

このつなぎ目の部分が重要になってくるのですねー

 

外壁塗装

外壁にポコポコと小さな膨れが見受けられます。

こちらも削ってから塗装していきます。

 

屋根塗装

屋根はハゼが潰れ水が溜まりやすくなっている状態でした。

溜まった水がサビ汁として流れもらいサビをしてしまっています。

軒天すが漏れ

こちら軒天のすが漏れです。

ベニヤの張替をご提案。

屋根をカバールーフで修繕すれば同時にすが漏れも解消されます。

 

雨樋補修

雨樋は勾配が狂っている状態でした。

これでは水が流れていきません。

水が溜まるのでゴミもたまってしまいます。

また、樋金のピッチが長く雨樋交換する際は樋金のピッチを455㎜で角度付きを使用します。

 

と、自分でブログを打ちながらそうなんだー(*’▽’)

と一事務員勉強になります❁

 

今回全体的なメンテナンスの御提案をさせていただきました。

ご検討いただいておりますが、来年になればまた補助金制度の申し込みもあります。

各市町村で内容は違いますが、山形市の場合は年内の補助金受付は終了していますので、来年に向けてご検討いただいても良いのかもしれません。

 

 

余談になりますが、パラリンピックも閉幕し東京オリンピック2020が終了しました。

選手たちの頑張りにはとても感動させられました。

特にパラアスリートはすごい!としか言いようがありません。

生まれつきや不慮の事故で障害を負ってしまった方、スポーツを始めるきっかけも様々ですが、それをやろう!と思うこと自体がすごいことです。

これがあるから出来ない、と出来ない理由を探すのは簡単です。

時には何かのせいにしたり人のせいにしたりめんどくさい物事をしない理由を考えます。

でもパラアスリートは出来る理由を考え、できるように努力しているのですね。

50歳の金メダリストは

最年少記録は二度とないが最年長記録はまた作れる

とお話しておりました。名言です。

 

小指を負傷しただけで上手くキータッチができないとイライラする自分。。。

なんてミニマムなのでしょう(-“-)と考えさせられました。

屋根塗装

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

今回は屋根塗装をお考えのお客様

当店では天候にもよりますが、屋根塗装は9月いっぱいまでで終了致します。

といいますのも昼夜の寒暖差が激しい時期に入りますと、夜露がおり施工しても適正な工事ができなくなる可能性があります。

適切な工事をご提供するためには致し方ありません(。-`ω-)

 

ということで早めに工事をと現地調査にお伺いしました☀

 

屋根塗装

2階の屋根は横長尺葺きの入母屋トタン屋根になっており

雪止めアングルと富士型の雪止めが設置されておりました。

 

屋根塗装

遠くから見るとそこまで劣化は見受けられませんが、

近くで見ると年数相応のサビが見受けられます。

 

屋根塗装

富士型雪止めが設置されている部分です。

こちらも錆が見受けられました。

しっかりと錆止めを下塗りし塗装仕上げをしていきます。

 

屋根塗装

雪止めアングルは塗装時に仮に取り外し、塗装後に再復旧していきます。

 

屋根塗装

1階屋根も2階屋根と同様の劣化状況でした。

1階には近隣に落雪がないように必要箇所にスノーストップ設置されております。

こちらのスノーストップはだいぶ錆が著しい状態でした。

屋根塗装の際に錆がでにくいドブメッキ加工された商品に交換していきます。

 

屋根塗装

とても大きいご自宅で屋根の面積もだいぶありました。

近隣と近い部分もありますので、工事着工や高圧洗浄等のお知らせを事前に配布し

近隣の皆様にもご安心していただけるように注意し工事を進めていきます。

 

年内中に塗装工事を!とお考えの方、

冒頭でもあげたように山形の屋根塗装は塗装時期が限られています。

外壁は雪が降るまで大丈夫です❁

ぜひお問い合わせください(*’▽’)

 

屋根塗装の時期

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

毎日暑い日が続きますね💦

まだまだ夏だと思いきや…8月7日が立秋で暦の上では秋なのですね🍂

とは言え熱中症などお気をつけてお過ごしください!

 

今日は屋根塗装について。

この時期の屋根塗装は鉄板の上で焼かれながらの工事になり(。-`ω-)…

職人さんたちの体感温度はどのくらいなのでしょう…毎日お疲れ様です💦

 

先日お世話になりましたご自宅の屋根塗装です。

屋根塗装

高圧洗浄できれいに汚れを取っていきます。

 

屋根塗装

錆止めを塗っていきます。

 

屋根塗装

上塗りです。

 

屋根塗装

スノーストップ、雪止めアングルを設置しピカピカの屋根になりました✨

 

この時期ですと乾きが早いので急な雨などがなければ…スムーズに工程通りに進めていくことができます。

が、雪国山形での屋根塗装適正時期は9月いっぱいくらいです。

10月に入ると日中と夜の寒暖差が出てきてしまいます。

塗装後の屋根に夜露が下りてしまうとブラッシング現象が起きてしまい艶引けしてしまいます。

塗膜の機能としても劣ってしまいます。

塗料の機能も発揮し美観もピカピカ屋根でご提供したいので、10月以降の屋根塗装工事は基本的にお勧めしておりません。

あっという間に8月も半ばを過ぎてしまいましたので、屋根塗装をするのであれば年内残すところ1か月半というところでしょうか。。。

年内にとお考えの方はぜひお早めにご連絡ください(*’▽’)!

ちなみに外壁塗装は雪が降る前まで可能ですので、その辺も含めてご相談ください!