雨漏り多発☂

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

今年も残すところ1か月!

今年が終わるからなんなのかと言われるとなんの変化もなく来年を迎えるのでしょうが…

一年の締めくくり、なんだか気が引き締まりますね⛄

 

最近天気も冬とは思えない暖かさだったり、はたまた雨が降り続けたりと不安定です。

そんな中雨漏りのお問い合わせを連日いただいております。

雪が降る前に原因だけでも知っておきたいところですよね(・ω・)

ということで連日調査です‼

一条工務店雨漏り

戸建住宅はもちろん、店舗様での雨漏り調査依頼も大変多くいただきます。

店舗様だと閉店後にお伺いすることになりますので場所によっては夜間作業になることも(。-_-。)

 

雨漏り

こちらは店舗入り口天井のライト部分です。

ライトの不具合があり電気屋さんが修理に駆け付けたところ

雨漏りがあり修理ができないとのお話でした。

どこから漏れているのかを判明するため雨漏り調査です!

無事雨漏りを再現することができ、修繕工事の御提案です。

 

雨漏り

こちらも店舗様での雨漏り。。。

しばらく前から雨漏りがあったのか、天井には大きなシミがあります。

お店では食材だったり、薬品などの商品だったりと大切な商売道具が山ほどです。

濡れてしまっては大惨事ですので早めに処置したいところですね💦

こちらの店舗様も無事雨漏りを再現することができました。

雨漏り

ここ最近で店長、大浦さんは何件の散水調査をしたのだろう…

心なしかぐったりしております(笑)

 

店舗様、ビル、マンション!どんな建物でも雨漏り鑑定士たちが無事解決していきます(*’▽’)!

 

 

梅雨入り☂雨漏り

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

四国、中国地方では梅雨入りしましたね☂…

平年より20日程早いようです。となると東北は。。。

昨年は6月11日頃に梅雨入りしたようなので、20日程はやまるとなると5月末にはスッキリしない天気に入りそうですね(。-`ω-)

今週もお天気の日が少なく雨模様です。。。

 

雨漏りのお問い合わせも多くなる季節です。

先日は防テナントの雨漏り調査にお伺いしました。

雨漏り 山形

 

店内入口には数か所の雨漏り箇所所がある状態でした。

雨漏りがおきている直上部は

雨漏り 山形

こちらの丸い屋根と平の屋根の間付近です。

折板屋根で雨漏りが起こりやすい箇所は、雨返しと呼ばれる部分です。

折板屋根の水上の端部に散水です。

雨漏り 山形

散水してみると早速侵入口が確認されました。

 

雨漏り 山形

内部鉄骨を見ると雨漏りの形跡がある錆が多く見受けられました。

柱を伝い店内天井に落ちているようです。

 

内部には切れ目もあり、この原因としてはおそらく新築当初、屋根施工中に寸法が若干狂いおさまりが悪くなったためハサミで切れ目を入れてしまったのでしょう…

雨量が多くなった雨水がこの切れ目部分に流れると雨漏りが発生してしまうようです。

雨漏り 山形

内部鉄骨には過去に雨漏りしたであろう箇所に内部側からシーリング補修されている箇所がありました。

通常、雨漏りは内側から隙間や穴を塞いだとしても無意味です。

根本的な原因を突き止めなければ解決には至りません。

雨漏り 山形

補修シーリングの破断箇所部分にも散水し、

こちらからも雨漏りが発生しました。

雨返し部分は全て改善の必要がありました。

 

屋根のサビも著しい状態でしたので塗装の御提案もさせていただきました。

店舗となるとお客様の出入りが多くあります。

お店の印象もありますし、また今回の場合調査をし多くの個所から雨漏りが発生していることがわかりました。

店内におちてくるのは数か所でも放置してしまうとあちらこちらから☂・・・

となりかねません💦

梅雨入りもありますし、早めの処置が必要です。