外壁塗装のカラー

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

梅雨開けがしたというのに…雨予報が続いております☂

また今週も雨降りの様子ですね…

ぱっとしない天気ではありますが、雨漏りなどお家の不具合大丈夫でしょうか?

なにかありましたらお気軽にご連絡ください❁

 

本日は外壁のカラーについてのお話です。

外壁塗替えをご検討の方必見でございます✨

外壁塗装の目的として建物の保護はもちろん、美観性も大事にしていきたいですよね。

失敗するくらいなら既存色のままという方もいらっしゃいますが、せっかく塗替えをするのならイメージを変えてみてはいかがでしょうか(*’▽’)

外壁塗替えの際気を付けなければならないポイントをいくつかご紹介です!

色の色覚の関係もありますので注意が必要です。

外壁塗装

まずこちら。

こちら〇のグレーは同じ色です。

ですが右の方が濃く見えるかと思います。

建物も周囲の色により見え方が変わる場合もあります。

一つの色だけを見て選ぶのではなく、全体の色を考えながらイメージしなくてはなりません。

その他、

 

1.色の見え方は天候や時間帯などによってだいぶ変わります。

同じ建物を見ても見る方向や時間でイメージが変わるので注意が必要です。

 

 

2.色の面積で見え方が変わります。

外壁塗装

明るい色は面積が大きい程より明るく鮮やかに見えます。

色見本でみて良い色でも外壁のように広い面に塗装をした場合明るい色はより明るく、暗い色はより沈んで見えます。

 

3.塗料のツヤ有かツヤ無でも色味が変わります。

外壁塗装

塗料にはツヤ有、ツヤ無があります。

同じ色ですがツヤ有は明るく鮮やかに、ツヤ無は落ち着いた色味に見えます。

好みの色ももちろんですが、ツヤの関係も見ながら選びましょう。

 

4.コントラストの調整

低彩度色同士でのツートーンはばんやりとしたイメージになります。

外壁塗装

そこでセパレーションカラーを入れ色を引き立てます。

帯部分に無彩色の彩度の低い色を入れることで優しい色の外壁もぼんやりせず、めりはりのある外壁に変化させることができます。

 

5.アクセントカラーを取り入れる

外壁塗装

無彩色のイメージでとのご希望でしたが、軒天にさし色でオレンジを取り入れての御提案です。

一般住宅では無彩色の中にアクセントカラー、全体でも3色までの色でまとめるのをお勧めします。

店舗などお店を目立たせたい場合はアクセントカラーを多様に取り入れるのも良いと思います。

 

当店では失敗しない外壁塗装の実現のためカラーシミュレーションで色の御提案をしております。

ぜひご相談下さい(*’▽’)

塗装の日❁

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

本日11月16日は【11いい16いろ】のごろ合わせで【いい色の日】なのだそうです❁

塗装と塗料事業の団体さんが塗装の良さを広くアピールする日として制定した日なんだそうですよ♪

また、色彩心理を研究している団体さんも色に注目し楽しもう♪という意図で11月16日を記念日としているそうです(*’▽’)

 

ということで塗装の良さをアピールしたいと思います✨

そもそもなぜ塗装が必要なのか(。´・ω・)?

塗装の役割は

塗装

美観性

外観や地域性、好みの色でお家の印象がだいぶ変わります!

大切な建物、綺麗に保ちたいですよね~

 

そして機能性

塗装

遮熱、断熱、防カビ、低汚染などお家を守ります!

 

塗装

そして保護機能!

水・湿気は住宅の一番の大敵です!

塗装は年月が経つとどんどん劣化し、保護機能が低下してしまうのです…

塗装は家を守り長持ちさせるために必要なのですね~✨

 

屋根外壁塗替え

こんにちは(*´▽`*) 加藤です

 

雨が降ったかと思えば土砂降りに…

そして今日はあっついですね~☀不安定な天🏠気が続いております☂…

 

今日は屋根外壁の塗替えのお客様宅です🏠

店舗も兼ねそろえたご自宅で屋根外壁が傷んできているとのご連絡をいただきました。

早速調査です!

屋根塗替え 山形

こちらの屋根、上部分の雨樋が錆びて穴が開いていたためその穴から雨水が漏れ屋根を劣化させておりました。

屋根の塗替え、雨樋の交換も必要です。

屋根塗替え 山形

雪止めアングルも錆びが深く、このままでは塗装してもすぐに錆びてしまいます。

雪止めアングルは全て交換でご提案です。

 

外壁塗替え 山形

外壁は金属サイディングで紫外線劣化が見受けられました。

サッシ廻りのシーリングというゴム状の防水材は粉のような状態になってしまい

シーリング劣化

指で触るだけで取れてしまうような状態でした。

外壁塗装前にサッシ廻りのシーリングは打ち直し、防水性を高めてから塗装工程へと進みます。

 

霧除け屋根修繕

こちら霧除け屋根と呼ばれる庇は下地材が腐っており補修が必要です。

庇劣化

庇部分のサビも多く見受けられます。

電動工具で錆を撤去し、できる限りの施工を施していきます。

 

軒天塗装

軒天は紫外線劣化しづらいか箇所ですが、外壁が綺麗になると汚れが目立ってしまいます。

軒天も綺麗にしていきます。

 

お家全体の経年劣化が見受けられました。

店舗も兼ねておりますのできれいに塗装をし見違えるようにしていきたいですね~✨

カラーシミュレーションで施工後のイメージを膨らませることもできます(*´▽`*)

どんな風に変身するのか楽しみです🏠✨