屋根外壁塗装

こんにちは(*’▽’) 加藤です

 

9月にはいり一気に涼しくなりましたね

体調を崩しやすい季節の変わり目、お体ご自愛ください。

 

今日は屋根外壁塗装についてです

屋根外壁の傷みが気になるとのことで早速現地調査です!

 

アスロックという押出成形版の外壁が張られているご自宅でした。

屋根外壁塗装

その外壁。。。

チョーキング現象と言い表面の塗膜が紫外線劣化により粉化しております。

手で壁を擦ると白くなるのがチョーキング現象で、このようになると外壁の防水性はなくなっており水を吸い込んでしまいます。

 

屋根外壁塗装

また、アスロック外壁は凍害に弱く、外壁が水を吸ってしまうと冬場に凍って体積が膨らみ塗膜を内側から押し出してしまう現象が起きてしまうのです。

外壁の凍害部分は補修し塗替えの御提案です。

 

シーリング劣化

外壁のシーリングも劣化しており破断しております。。。

このような外壁では一番先にシーリングが傷んできます。

打ち替えが必要な部分になります。

 

シーリング劣化

このつなぎ目の部分が重要になってくるのですねー

 

外壁塗装

外壁にポコポコと小さな膨れが見受けられます。

こちらも削ってから塗装していきます。

 

屋根塗装

屋根はハゼが潰れ水が溜まりやすくなっている状態でした。

溜まった水がサビ汁として流れもらいサビをしてしまっています。

軒天すが漏れ

こちら軒天のすが漏れです。

ベニヤの張替をご提案。

屋根をカバールーフで修繕すれば同時にすが漏れも解消されます。

 

雨樋補修

雨樋は勾配が狂っている状態でした。

これでは水が流れていきません。

水が溜まるのでゴミもたまってしまいます。

また、樋金のピッチが長く雨樋交換する際は樋金のピッチを455㎜で角度付きを使用します。

 

と、自分でブログを打ちながらそうなんだー(*’▽’)

と一事務員勉強になります❁

 

今回全体的なメンテナンスの御提案をさせていただきました。

ご検討いただいておりますが、来年になればまた補助金制度の申し込みもあります。

各市町村で内容は違いますが、山形市の場合は年内の補助金受付は終了していますので、来年に向けてご検討いただいても良いのかもしれません。

 

 

余談になりますが、パラリンピックも閉幕し東京オリンピック2020が終了しました。

選手たちの頑張りにはとても感動させられました。

特にパラアスリートはすごい!としか言いようがありません。

生まれつきや不慮の事故で障害を負ってしまった方、スポーツを始めるきっかけも様々ですが、それをやろう!と思うこと自体がすごいことです。

これがあるから出来ない、と出来ない理由を探すのは簡単です。

時には何かのせいにしたり人のせいにしたりめんどくさい物事をしない理由を考えます。

でもパラアスリートは出来る理由を考え、できるように努力しているのですね。

50歳の金メダリストは

最年少記録は二度とないが最年長記録はまた作れる

とお話しておりました。名言です。

 

小指を負傷しただけで上手くキータッチができないとイライラする自分。。。

なんてミニマムなのでしょう(-“-)と考えさせられました。

外壁塗装

こんにちは 加藤です(*’▽’)

 

山形市のリフォーム補助金当選されたお客様の工事が着々と開始されております。

今年は補助額が昨年より減額になっていたり、当選率もなかなか良いものとは言えない傾向があります。

が、今年は7月の県市補助、8月の市補助と受付期間はまだあります!

せっかく工事をされるならもしかしたら補助金を受けてお得に工事できるチャンスを活用する手はありません❁

その他各市町村でも補助金制度を設けていますので要件等はございますがぜひご相談ください!

 

今日は外壁塗装についてのお話です。

築年数もたっているのでと塗装をお考えのご自宅です。

 

外壁塗装

サッシ廻り↑

 

外壁塗装

外壁↑

 

サッシ廻り、外壁目地ともに劣化が多く見受けられました。

外壁目地についてはシーリングの厚みが薄く破断している箇所が多い状態でした。

このシーリング部分はサイディング外壁では一番最初に劣化が進む部位で塗装前には必ず打ち替えをする必要があります。

工事では全ての古いシーリングを撤去し2成分型変成シリコンで充填していきます。

 

外壁塗装

外壁はシーリングが破断してもサイディングの裏にある透湿防水シートが貼ってあることで雨漏りを防いでいます。

しかし、サイディングの下地(胴縁)を傷ませないうちに早めの処置をすることが最善となります。

透湿防水シートは外壁で隠れる部分なのでこちらの施工が不十分ですと新築での雨漏りも珍しくありません。

 

外壁塗装

こちらのサネと呼ばれるつなぎ目にも水が溜まりやすくなります。

塗装の際はこの隙間も埋めてから塗装を行います。

 

凍害

アルミ笠木部分です。

こちらのアルミ笠木を開けると通気出来ない構造になっておりました。

尚且つ無塗装サイディングで蓋してある状態でしたので通気が全くできていません。

そうした状況により割れが生じてしまいました。

 

今回、重要度の高い劣化は外壁の凍害とシーリング部分でした。

この劣化部分をしっかり工事することで塗装の効果が発揮されます。

塗装は下地処理を適当にしてしまうと、どんなに高級な塗料で仕上げても剥がれやすくなってしまいます。

適切な処置を適性な工程で施工をお勧めしております。

 

なかなかお家の劣化状況は見てわかるものではありません。

ぜひプロの診断をお勧めします!